お客様の成功事例

セブン-イレブン

Pulse Secureがセブン-イレブンの店内ネットワークに利便性とセキュリティをもたらす

「Juniper NetworksとPulse Secureとの関係の重要な側面の1つは、顧客のニーズに耳を傾けることです。両社は長期的な関係を築いてきました。製品や機能の進化の一部に好影響を与えており。他のお客様と同様にメリットがあると考えています。」

Pulse Secureを選んだ理由

Pulse Policy Secure

Pulse Secureアプライアンス

会社名

セブン-イレブン

業界

小売

課題

セブン-イレブンは、店長が生鮮食品を在庫し、商品を注文して、常に変化する顧客の嗜好に対応できるようにするための、安全で信頼できるネットワークを必要としていました。

ソリューション
  • Pulse Policy Secure
  • Pulse Secure Appliances
  • SRX210サービスゲートウェイ
  • AX411ワイヤレスLANアクセスポイント
  • EX2200イーサネットスイッチ
  • J2350サービスルーター
結果
  • 生鮮食品やその他の商品を注文すると24時間以内に店舗に配達するように
  • 統合されたセキュリティおよびネットワークサービスを7,000店舗に提供
  • 店内ネットワークを介してトランザクション、オペレーション、広告を実施する
  • PCI DSSに準拠
PDFをダウンロード

イントロダクション

「ほとんどの人がコンビニについて考えるとき、最初に頭に浮かぶのがセブン-イレブンでしょう。これはおそらく、テキサス州ダラスに本拠を置くこのチェーンが北米で7,600以上の店舗を運営、フランチャイズ、またはライセンスし、 コンビニエンス小売業で最大規模を誇っているからです。世界では、セブン-イレブンは16か国に35,000の店舗を展開しており、現地の人々の生活の一部になっています。多くの人がSlurpee、Big Gulp、コーヒー、その他さまざまな生鮮食品が揃う店に立ち寄ろうと来店します。2010年の全世界のセブン-イレブン店舗の総売上は約630億ドルになりました」コンビニエンスストアのカテゴリを定義すると、セブン-イレブンは、生鮮食品の在庫を維持しながら、何百もの異なる商品を店舗で提供するという日々の課題を抱えています。顧客が望むものを提供するためのセブン-イレブンの最初のステップは、アイテムごとの管理です。

セブン-イレブンのネットワークマネージャーであるEric Waltersは次のように述べています。「店舗で販売する商品を注視しています。ビジネス変革への取り組みが成功したということは、フランチャイズ加盟者と本社との連携が強化されたことを意味します。補充モデルではなくアイテムごとの管理を使用することで、フランチャイズ加盟者は生鮮食品の償却を抑え、売上と収益性を高めることができます.」

セブン-イレブンは、長い間小売情報システムの革新者として存在していました。同社のPOSタッチスクリーンシステムには、クレジットカード、デビットカード、およびストアドバリューカード認証だけでなく、統合型製品スキャンも含まれています。マネージャー達は、ワイヤレス通信のハンドヘルド端末を使用して毎日製品を注文します。注文する際は、5日間の天気予報、商品プロモーション、および過去の販売情報が判断に役立ちます。店長は、配送の調整、注文の確認、ハンドヘルド端末での償却を行うことができます。販売および現金収支報告や給与計算などのバックオフィス機能は、会社の集中会計システムに直接接続されています。

課題

セブン-イレブンは10年以上にわたりJuniper NetworksとPulse Secureと取引しており、同社の店内セキュリティとネットワークインフラストラクチャの更新時期に、Juniper NetworksとPulse Secureは優先ベンダーのリストのトップに上がりました。「私たちは、Pulse Secureと非常に長く強い関係を築いてきました。」とWalterは語っています。

「Juniper NetworksとPulse Secureとの関係の重要な側面の1つは、顧客のニーズに耳を傾けることです。」と彼は語っています。「製品や機能の進化の一部に好影響を与えており。他のお客様と同様にメリットがあると考えています。」

ソリューション

Juniper NetworksとPulse Secureの共同ソリューションは24時間365日稼働し続けます。セブン-イレブンは、店舗、本社、および地域オフィスで、Juniper Networks SRX210サービスゲートウェイ、EX2200イーサネットスイッチ、J2350サービスルーター、Pulse Secureアプライアンスおよびサービスを使用しています。

セブン-イレブンでは現在、7,000店以上でJuniper NetworksとPulse Secureの共同ファイアウォール/VPNをSRX210サービスゲートウェイにアップグレード中です。また、カナダでの機能拡張の一環として、SRX210ゲートウェイを新店舗に導入しています。Juniper Networksシリーズ サービスゲートウェイは、高性能のセキュリティ、ルーティング、およびネットワークのソリューションです。SRXシリーズゲートウェイは、Juniper Networks Junos®オペレーティングシステムをベースにしています。このOSは、セキュリティと高度な保護、豊富なルーティング機能、信頼性の高いサービス運用を実現できることがJuniper Networksにより実証されています。

同社は、イーサネットスイッチのJuniper Networks EX2200回線を使用して、POSシステム、バックオフィスコンピューター、および店舗のデジタルサイネージを接続します。 店内のWi-Fi接続は、Juniper Networks AX411ワイヤレスLANアクセスポイントにより行われます。これはデュアルバンド、デュアルラジオ無線802.11nアクセスポイントの回線です。AX411アクセスポイントは、SRXシリーズと組み合わせて管理され、カテゴリをリードするセキュリティを実現します。

セブン-イレブンは、本社でも地域オフィスでもPulse Secureのソリューションを使用しています。セブン-イレブンはPulse Secure Policy Secureを使用して、インサイダーの脅威からの企業の露出を減らし、リスクを軽減しています。Policy Secureは、ネットワークセキュリティを有効にし、ネットワークアクセス制御、可視性、および監視を提供するIDによって、セブン-イレブンのミッションクリティカルなアプリケーションと機密データを保護します。Policy Secureを使用することで、セブン-イレブンは本社で安全な無線LANゲストアクセスを提供できます。さらに、小売業者はPulse Secure Odyssey Access Clientを使用して802.1X認証とワークステーションのコンプライアンスチェックを実行します。

無数のセブン-イレブン従業員が Pulse Secure Clientsを使用して、標準のWebブラウザから電子メール、金融、ERPなどの主要アプリケーションに安全にリモートアクセスします。Pulse Secure Appliancesは、クラス最高のパフォーマンス、スケーラビリティ、および冗長性を提供し、安全なリモートアクセスと承認を実現します。

結果

セブン-イレブンの新しいネットワークにより、店舗運営を洗練されたものにすることができます。マネージャー達はワイヤレスハンドヘルド端末を使用して、在庫を補充する必要があるものをすばやく特定し、フロアにいながら発注します。「店長は午前10時まで発注が可能で、製品は翌朝の午前5時までに届きます」とWaltersは語っています。「フランチャイズ加盟者は週7日間、一定の注文プロセスを使用しており、ネットワークは常にそのビジネスの優先事項をサポートするために常時利用可能です。」

Pulse Secure Policyネットワークは、世界中で効率的に運用するために必要なセキュリティ、スケーラビリティ、管理の容易さをセブン-イレブンに提供します。セブン-イレブンは、ガソリン販売をする店舗などの店舗運営のバリエーションに対応しながら、すべての店舗の場所に一貫したセキュリティポリシーを適用できます。「導入したソリューションにより、店舗内のすべてを保護できます。」とWaltersは語っています。「ソリューション、店舗内の環境、店舗への接続が適切に保護されていると当社は確信しています。」

Juniper NetworksインフラストラクチャとPulse Secureソリューションは、セブン-イレブンが顧客との取引、店舗運営、店舗内のデジタルディスプレイ広告など、同一ネットワーク上の複数のサービスを統合するために必要な強力なセキュリティを提供します。また、PCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)への準拠も可能にします。

「すべてがWi-Fi対応になると、ネットワークの分離が必要になるというビジョンを描きました。」とWaltersは語っています。「SRXシリーズプラットフォームを使用すれば、その分離を実現できます。分離しない場合、今日と同じようにPCIを完全にサポートするためには、すべての店舗にファイアウォールを設置するための巨額の投資が必要になります。Juniper Networks SRXシリーズ サービスゲートウェイがなければ、分離はさらに困難になります。」