Pulse Workspace がセキュアなモビリティを可能にする

リモートワーカーのプライバシーとコントロールの正しいバランス

会社端末と BYOD を組み合わせて生産性を向上させます

すでに BYOD は例外ではありません。企業のほぼ 70% が、BYOD を戦略的な選択肢と見なしています。同時に、データ漏洩のリスクは増しており、1 件で平均 400 万ドルをこえる被害をもたらすと言われています。

情報システム部門は、リモートワーカーの生産性を支えつつ、データを転送時と保管時の両方で保護する必要があります。  Pulse Workspace を使用すれば、アプリやリソースへの安全なモバイルアクセスを確保しながら、BYOD を簡単に活用できます。

  • 既存の VPN や NAC を活用しアプリ毎の接続をサポート、適用がシンプルでスケーラブル
  • 企業と従業員のデータ、アプリ、通信、およびネットワーキングに完全分離型のコンテナセキュリティを提供
  • ビジネスで利用するあらゆるモバイルアプリをセキュアに管理。変更アプリを変更する必要はありません。
Pulse Workspaceの動作を
見てください。

Pulse Workspace がモバイルワーカーをどのようにサポートするか、短いビデオをご覧ください。

競争上の優位

Pulse Workspace と Connect Secure の連動により、個人のモバイルデバイスを安全に使用し、生産性を向上します。

Pulse Workspace データシート

Pulse Secure は、iOS および Android 両方の BYOD デバイスから、モバイルアプリやクラウドサービスへのアクセスを可能にする、強力かつシンプルなソリューションを提供します。

Problem Icon White

BYOD による生産性を促進しつつデータを保護

BYOD を実装するにあたって、従業員が所有するデータのプライバシーを保ちながら、データセキュリティを確保する最良の方法はどのようなものでしょうか?

データ漏洩の問題
従業員所有のデバイスから企業のアプリケーションへのアクセスを許すことは、CISO と IT 部門に新たなデータ漏洩と接続の課題が生じるということです。  接続性とアクティビティが適切保護されていなければ、データが損失したり盗まれたりする可能性があります。

複雑な MDM のインテグレーション
モバイルセキュリティソリューションは、ネイティブのセキュリティ強化に依存しており、現在のネットワークセキュリティソリューションを実証されていないセキュリティゲートウェイに置き換わります。

採用の障壁
セキュリティを確保するために SDK またはラッパーを使うソリューションの場合、利用できるアプリケーションが制限されます。  デバイスの選択を限定すると、そもそも BYOD を採用する効果が薄れてしまうでしょう。また、利用する上でのもう 1 つの障壁は、厳しい利用ポリシーを義務付けることです。

Solution Icon White

従業員にとって受け入れやすいエンタープライズモビリティ管理

従業員が好みのデバイスを持ち込んだとしても、個人のデータをプライベートに保ちながら、企業のデータのセキュリティを確保できるようにします

データ漏洩を削減し、従業員のBYODを促進します
Pulse Workspace は、企業のアプリケーションやデータと、写真などの個人的なアイテムとの分離をコンテナを利用することで実現しています。  これにより、IT 部門は企業情報を守りながら、従業員をサポートできるのです。

ITインフラストラクチャとの簡単な統合
既存の Pulse Secure VPN および NAC 機能、アプリごとの接続を活用して、導入を簡素化し、スケーラビリティーを確保します。  これにより、場所やデバイスに関係なく、クラウドサービスやデータセンターアプリケーションへのシームレスなアクセスも容易になります。

BYOD における生産性を促進
BYOD を導入するのであれば、従業員が個人所有のデバイスでいつでもどのアプリで利用できるようにすべきです。  Pulse Workspace の採用により、あらゆるモバイルアプリを、変更なく、セキュリティーを確保したうえで、ビジネスに利用することができます。

主な機能

混乱を生じないモバイルアプリケーション管理

混乱を生じないモバイルアプリケーション管理

接続デバイスがセキュリティ要件を満たしていることを確認します。

BYODワークスペース

BYODワークスペース

コンテナ技術により、企業データとアプリケーションを保護しつつ優れたユーザーエクスペリエンスを確実に提供します。

デバイス選択

デバイス選択

仕事に自分が選んだデバイスを持ち込む – AndroidまたはIOSに対応。

一元管理

一元管理

直観的な、クラウドベースのコンソールを使用して管理します。

アプリのカタログ

アプリのカタログ

Google PlayとApple AppStore内の未改造、一般的、企業による承認済みアプリへのアクセスを管理します。

シームレスなアクセスセキュリティ

シームレスなアクセスセキュリティ

証明書ベースとデバイス生体情報認証により、VPNとEメールアクセスを自動的に有効化します。

自動プッシュおよびプロビジョン

自動プッシュおよびプロビジョン

企業ネットワーク設定とアプリがデバイス上で自動的に構成されます。

デバイスセキュリティ

デバイスセキュリティ

暗号化およびローカルPINコードの適切な使用を強制します。

Eメール設定

Eメール設定

Eメールアクセスを自動プロビジョニングし、ヘルプデスクのリソースを解放します。

アプリごとの接続性

アプリごとの接続性

ポリシーベースのスプリットトンネリングを介して、アプリごとのVPNを使用してデータセンターとクラウドに自動的に接続します。

従業員プライバシー保護

従業員プライバシー保護

ワーカーの個人情報に触れないようにします。企業データ/アプリのシームレスなリモートワイプを確実に行います。

コンプライアンス

コンプライアンス

業界や規制当局のコンプライアンスのデータアクセスおよび保護に関する要件に対応します。

  • 主な機能

  • 技術仕様

  • メリット

PWS DiagramT1

Pulse Workspace

Pulse Workspaceは、BYODデバイス上の企業の機密情報を労働者の個人情報から分離します。  デバイス所有者のプライバシーを侵害することなく、ITに適切な制御を提供します。

エンタープライズモビリティ管理(EMM)ソリューションの展開が容易

ポリシーベースの接続と安全なデバイスコンテナの統合

  • Android、iOSデバイスにアプリごとの安全な接続を提供し、労働者の生産性を向上します
  • 企業と従業員のデータ、アプリ、接続を安全かつ分離して、データ漏洩を削減します
  • セキュリティで保護されたエンタープライズアプリを展開し、グループベースのカタログから管理します
  • どこからでもシームレスにデータセンター&とクラウドアプリに安全にアクセスします
  • アクセスを高速化し、&ヘルプデスクへの問い合わせ件数を減らすシングルサインオン
  • 接続前のデバイス検査によるセキュリティコンプライアンスを強化します
  • Apple App Store&とGoogle Playのアプリをキュレートします
  • Microsoft Office&およびその他のスイートを有効にして、コラボレーションとコミュニケーションを強化します
  • 統合型クラウドベースのコンソールからエンドポイント接続、モバイルアプリ、およびセキュリティアプライアンスを管理します

必要なすべての機能が詰まっているが複雑ではないモビリティソリューション。

アプリケーション制御

  • エンタープライズアプリケーションのみを展開、管理、およびワイプします
  • 個人用アプリケーションはプライベートに実行 - エンタープライズアプリから隔離

データ保護

  • 盗難や紛失対策でデバイスをリモートでロックします
  • 個人用アプリがエンタープライズデータを使用できないようにします

ワークスペース管理

  • OTA(Over the Air)ワークスペースの展開&と一元化されたポリシー管理
  • グループベース、ユーザーベース、デバイスベースの管理

 

従業員プライバシー保護

  • 中央コンソールには一切の企業の機密データが送信または保存されません
  • 管理者は従業員個人のアクティビティや位置の情報にアクセスできません

Eメール設定&とオプション

  • ActiveSyncサポート
  • POP3&& IMAPアカウント管理

デバイスのコンプライアンス

  • Root化&および脱獄(全規制を排除すること)の検出
  • デバイス暗号化を強制します
  • USBデバッグ行為をブロックします

パスコード制限

  • パスコード有効期限、複雑性、&試行失敗回数

VPN管理

  • VPN接続を定義するか職場内専用に制限します
  • 証明書またはパスワードベース認証を提供します
  • 認証用にユーザー名を自動入力します

Wi-Fi管理

  • エンドユーザー向けにWi-Fiアクセスポイントを定義します
  • WPA2、WEP、EAP-TLS、EAP-TTLS、EAP-PEAPをサポートします

iOSおよびAndroidユーザーを単一のセキュリティ&およびコンプライアンス標準に従って管理します

企業情報を保護し、モバイルアプリ、BYOD、クラウドサービスの使用を可能にするエンタープライズモビリティの力を活用しましょう。

PWS DeviceConsole
  • 混乱を生じさせないモバイルアプリ管理 – 新しいプラットフォームの展開につきものの悩みなしに、エンタープライズカタログを介してグループごとにアプリを収集・整理し展開
  • デバイスの選択 – 仕事用に選んだデバイスを選択:AndroidまたはiOS
  • 自動セキュアアクセス – 証明書ベースの認証により、VPNとEメールアクセスが自動的に有効になり、生産性とコラボレーションが拡張
  • ユーザーを安心させる - 従業員はプライバシーが侵害されず、個人データが消去されないことが保証される

お客様の声

icon
icon

「Workspace についてはすぐに役員承認が下りました。当社のセキュリティ要件をすべて満たしていましたし、むしろそれ以上の機能があります。一方で簡単に展開できるため、従業員が自分のモバイルデバイスをすぐに仕事につかえるようになりました。」

Brett Safford、Integration PartnersのITマネージャー

「つまり、Workspace は強固な BYOD 管理システムで、採用した結果、その存在を忘れるほど簡単に使えたため、本業のプロジェクトに集中することができました。」

Brett Safford、Integration PartnersのITマネージャー