ハイブリッドITへのソフトウェア定義の境界アクセス 

最高のセキュアアクセスアプローチは革命的ではなく先進的です

アプリケーションインフラストラクチャーを保護するための次世代のアクセスアーキテクチャ 

デジタルトランスフォーメーションの時代です。  無数のデバイスを使ってどこからでもアクセスできるアプリケーションのクラウドへの移行は、脅威の対象領域を増やし、アプリケーションインフラストラクチャーに対する高度な攻撃に対して企業をますます脆弱にしています。

従来のセキュリティ境界は移行し、企業はセキュリティやユーザー体験を損なわずに、ダイナミックでオンデマンドなアプリケーションアクセスをユーザーまで拡張する必要があります。  安全で「検証済の」ユーザーとデバイスアクセスを権限のあるアプリケーションに対してのみ有効にすることで、Pulseのソフトウェア定義の境界は、お客様が高度な脅威にさらされるのを防ぎつつ、接続を簡単にし、エクスペリエンスを改善します。

  • 攻撃の対象領域は、アプリケーションごとのネットワークセグメントや、権限のあるアプリケーションへの直接アクセスにより狭められます。
  • 広範囲の多要素認証と権限付与により、ユーザー、そのデバイス、さらにアクセスしているアプリケーションが引き続き検証されることが保証されます。
  • 企業は、アクセスレスポンシブ性やアプリケーションセキュリティが改善されることでメリットを享受することができます。

Pulse Secureのソフトウェア定義の境界を採用する進化的なアプローチは、顧客が必要に応じて拡張し、既存の投資を保護しつつデジタルトランスフォーメーションを加速することを支援します。

CSO ExpertFocusはゼロトラストとソフトウェア定義の境界を検討しています

ゼロトラストの展開と進化がどのように今日の企業に役立つかについて専門家の見解をご覧ください。

Pulse Secureがソフトウェア定義の境界の実装をどのように推奨しているかをご覧ください

このWebセミナーは、お客様が直面している事業上の課題に対処するためにゼロトラストとSDPを実装する際のベストプラクティスを詳細に解説しています。

ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)eBook

このe-bookを読んで Pulse SecureがZero Trust Network Access(ZTNA)でゼロトラストを拡張する方法についてご理解ください。

Pulse SDP

Pulse SDPは今日のアプリケーションインフラストラクチャー向けのゼロトラストのセキュアアクセスアーキテクチャです。  これにより、個々のアプリケーションへのセキュアアクセスが可能になり、アクセスが許可される前にユーザーやそのデバイスの検証が要求されます。その結果、現代のセキュリティ脅威やマルウェアの水平展開を防ぎつつ、セキュリティプロファイルが強化され、デバイスコンプライアンスが向上し、ユーザーエクスペリエンスが改善します。

Pulse One(コントローラ)

Pulse OneはSDPコントローラの役割を担い、一元化した認証とポリシー管理を提供します。  Pulse Oneは集中的にポリシーを管理し、ゲートウェイに投稿します。Pulse Oneはまたユーザーの一元認証にも責任を負い、ユーザーがアクセスしようとしているアプリケーションやリソースに応じて、ユーザーを適切なゲートウェイに転送します。  

Pulseクライアント

単一の統一されたクライアントにより、ユーザーはSDP、VPNNACにアクセスし、OS間で一貫したシンプルで簡単なユーザー体験を得ることができ、生産性の向上とヘルプデスクへの電話削減を実現します。 

Pulse SDP – 動作方法

SDPOverview D1

Pulse SDPはコントロールプレーンとデータプレーンを分離して、拡張性とアプリケーション応答性を向上します。さらに、一元化されたポリシー分布と管理によりアクセスを制御します。