製造会社をIP盗難、工場のオペレーション中断やロボット操作、IioTの乗っ取りから保護

スマートファクトリーの現場は広範囲な自動化、IIoTデータとグローバル化されたサプライチェーンで生産性を伸ばしていますが、それにはサイバーリスクも伴います。

製造会社は2方向からの課題に直面しています。

第一に、サイバーセキュリティの脅威はその数、重大度と複雑性を増し続けています。  2018年8月には、世界最大の半導体企業であるTSMCがランサムウェアに感染し、複数の工場での製造が中断し、材料処理システムや製造装置が損なわれました。被害は2億5500万ドルにのぼると予想されています。

欧州の製鉄コングロマリットであるThyssenKruppなどのかなりの割合の製造会社が、何10億もの知的財産を盗まれています。

破壊工作は、生命の危険を含む恐ろしい結果をもたらしかねない重大な脅威です。さらに、ロボット操作による製造装置では、自滅攻撃や最終製品の損傷に対する脆弱性が実証されています。

第二に、製造業者はIoTとIIoTを迅速に受け入れ、シックスシグマの取り組みを進め、貴重なデータを収集しています。  スマートファクトリーでの自動化とロボット工学の使用は、製造を加速し費用を削減します。サプライチェーンは、パートナーやサプライシステムとの幅広い統合によってますますグローバルになっています。これらすべての傾向が、スマートファクトリーを安全性の欠陥や攻撃に対して脆弱にしているのです。

Pulse SecureはITやOTに可視化と安全なアクセスを提供します

Pulse SecureはITやIoTに可視化と安全なアクセスを提供します

Pulse Secureは、製造企業が環境を保護し、スマートファクトリーの最大稼働時間を保証する接続性を提供するための方法を提供します。当社のセキュリティフレームワークは、ユーザー、役割、デバイス、場所、時間、ネットワーク、アプリケーション、エンドポイントセキュリティの状態に基づいて、企業ネットワークと工場フロアへのアクセスを制御します。

ネットワーク上の可視化

Pulse Profilerは、企業ネットワークと工場の現場にある管理デバイスやエージェントレスデバイスを自動的に検出して、継続的に分析します。  ITとIoT/IIoT環境に接続している全デバイスの単一のコンソールからセキュリティチームはデバイスのプロファイル変更を監視したり、資産管理のデバイスインベントリを追跡したり、さらにトラブルシューティング目的で接続情報を収集することが可能です。  Pulse Policy Secure に含まれる Pulse Profiler の可視化により、製造業はマルウェア攻撃から完全に保護され、検出された脅威は迅速に隔離され、軽減されます。

あらゆる使用事例に対するきめの細かいセキュリティポリシー

Pulse Connect SecureのVPNは、ポリシー主導型の「Comply to Connect(C2C)」戦略を実装して、デバイスの種類や正常性、ドメイン、ロケーション、リソース、ユーザー、グループに基づいてリソースとサービスへのアクセスを制御します。Pulse Policy Secure NACは、エンドポイントの脆弱性査定、デバイス位置のチェック、次世代ファイアウォールとのアラート統合を含む、ネットワークセキュリティ体制を強化します。

ロケーション、デバイス、ユーザーに依存しないセキュアアクセス

スマートファクトリーの技術者は Pulseクライアントを使用して、Pulse Connect Secure 経由で、またはショップのWiFiネットワークを介してローカルに工場のフロアに安全にアクセスします。  Pulse Policy Secure は、技術者の役割と接続するリソースに基づいてローカルで認証し、工場のフロアファイアウォールを自動的にプロビジョニング、リモートアクセスを提供し、工場の修理を迅速化します。

Pulse Essentials Plus Suite

Essentials Plus は、データセンターやクラウドへのデスクトップ、ラップトップ、モバイル、IoT デバイス向けの安全でシームレスなハイブリッド IT アクセスを提供します。また、幅広い相互運用性を持つセキュアアクセスインフラの一元的なクラウドベースの管理が含まれたスイート製品です。

Pulse Advanced Plus Suite

Advanced Plus は、Essentials Plus の機能に加えて、オンプレミスの役割ベースのアクセスの遵守と最適なゲートウェイを選択して接続して最適な応答でアクセスする他、ユーザーとモノの振舞い分析 (UEBA) 機能が含まれています。

Pulse Enterprise Plus Suite

Enterprise Plus は、Advanced Plus の機能に加えて、複数の地域、データセンター、クラウド 間での堅牢な災害復旧など、アプリケーションとゲートウェイの柔軟な負荷分散で、トラフィックフローとユーザー体験を最適化する機能が含まれています。

御社に適切なソリューションは何でしょうか?

企業の IT サービスでセキュアアクセスを確保

推奨
フレームワーク

企業のIoTを保護するための推奨フレームワーク

IoTを超えて
ホワイトペーパー

企業の変化する環境の保護

icon

「Enterprise Management Associates(EMA)はPulse Secureを'Network Access Control with IoT enablement'(IoTイネーブルメントを伴うネットワークアクセス制御)を提供する2018年の「上位三社」に選び、Pulse Secureの拡張性、IoTデバイス認証、コンテキストの理解、ポリシー制御、RADIUSサーバーの包含、ダッシュボード、レポートとアラート、そしてサードパーティ統合が選定理由です。」

Enterprise Management Associates

Hacker

提供されるメリット

業界固有の問題の解決に当社のソリューションを適用することで、ユーザーにもたらすメリットを確認ください。

  • ITおよびOT用のセキュアアクセス
  • 企業ネットワークと工場の現場を保護するひとつのセキュリティフレームワーク
  • 第4次産業革命が今起こっており、Pulse SecureはITと運用技術(OT)部門が、クラウドやモノのインターネット(IoT)を使って設備を一新する際に直面する課題に対処することを支援します。
  • Pulse Secureは製造業者が工場の稼働を中断させるサイバー侵入を防ぐことができるように、工場現場におけるネットワークアクティビティへの洞察と可視化を提供します。
  • 装置が故障した場合、Pulse Secureは技術者が迅速に問題を解決し修理できるように工場現場へのリモートVPNアクセスを提供します。役割ベースのアクセスにより、技術者は作業を許可されている装置にだけしかアクセスできません。工場現場へのファイアウォールのダイナミックプロビジョニングは、ITとOTチーム間の時間のかかる調整をなくし、技術者が何回もログインすることなく、アクセスを促進します。