クラウドへの移行が必要ですか?  VPNは必要不可欠です。

AWS と Azure の主な製品は、ディスク、処理能力、帯域幅であり、セキュリティではありません。

ハイブリッドITがもたらすのは、複雑さとリスクです

多くの企業では、マルチクラウドが新しいトレンドになり、アクセスするには複数の個別のセキュリティを使用しています。

クラウドやモバイルが新しいリスクを生み出しています

Office 365 などのクラウド サービスの採用が増え、モバイル デバイスの使用が増加したため、企業は、あらゆる種類のセキュリティ侵害を回避するために、承認された個人のみがアクセスを許可するようにする必要があります。また、ブランドの損失、コンプライアンス、お客様やエンドユーザーの通知に関連するコスト以外で、データ侵害のコストはそれぞれ平均400万米ドルに上るため、企業はデータセンターやリスク規制、財務上のリスク管理と同等に安全なクラウドへのアクセスを行う必要があります。

分断はセキュリティのギャップを広げます

複数のポイント ソリューションを使用してさまざまなコンピューティング環境内のアクセス セキュリティに対応していると、ギャップが生じ、可視化が制限され、ポリシーの一貫性がなくなります。ESGの2017年のレポートでは、サイバーセキュリティとIT専門家の66%が、複数の独立したポイントツールの導入によって、セキュリティ分析と運用の有効性が制限されていることに同意しました。

その場しのぎの解決策はユーザーや管理者に不満を抱かせます

ポイントソリューションは、新規サービスを迅速に導入するようにプレッシャーを受けているITチームにとってその場しのぎの解決策にしかならず、ユーザーIT管理者を犠牲にしてしまいます。複数のアクセス プラットフォームとそれぞれのクライアントを使用すると、IT システムがユーザーの要件と期待を満たすことはできません。


 

ハイブリッドITに完璧なPulse Secureプラットフォーム

ハイブリッドITに完璧なPulse Secureプラットフォーム 

Pulse Secureは統合型プラットフォームを提供し、オンプレミスやクラウド環境、さらにPCやモバイルデバイス、物理と仮想ITリソースすべてを保護します。   

クラウドでも、データセンター同様に保護してください 

VPN機能を備えたPulse Connect Secureは、ユーザーやデバイスの認証をクラウドへと広げて、データセンターとクラウド両方へのアクセスを保護します。  Pulse Secureは、同じポリシーとユーザークライアントを使用してクラウドへのアクセス保護を可能にします。 

安全性のギャップは埋められます

分断されているソリューションとは異なり、Pulse Secureではルールを一度書き込むだけで、自動的に企業全体に適用されます。統合ポリシー エンジンは関連性を意識した機能を搭載していますので、ユーザー、役割、デバイス、場所、時間、ネットワーク、アプリケーション、エンドポイント のセキュリティの状態に基づいて詳細なポリシーを適用できます。IT 管理の作業負荷を最小限に抑え、第三者のソリューションとの相互運用性を確保するための標準ベースのポリシーを提供します。

ユーザーと管理者に選ばれています

Pulseクライアントはシンプルで使い勝手の良いインターフェースで消費者に良好なユーザー体験を提供します。デバイス、オペレーティング システム、アプリケーション インフラストラクチャ間のアプリケーションにシングル サインオン (SSO)の利便性を提供します。Pulse vADCはデータセンターとラウドにアプリケーションデリバリーをの機能で展開します。直観的なユーザー体験はIT管理者にも提供されます。管理者はPulse Oneの一元管理機能でセキュリティプロセスを自動化します - 複数のセキュリティシステムやコンソール全体でデータやアクションを相互に関連づける必要性がなくなります。

Pulse Connect Secure

Pulse Connect Secureは迅速で、保護された、最適化されたVPNアクセスをデータセンターアプリケーションに提供し、PC、タブレットおよびスマートフォン全体での一貫したユーザーエクスペリエンスを保証します。Pulse Connect Secureはハードウェア、仮想またはクラウドのアプライアンスとして柔軟に展開できます。

Pulse Policy Secure

この次世代NACソリューションは、エンドポイントの可視性、使いやすさ、IoTセキュリティ、およびコンプライアンス施行機能を提供します。PPSは、ハイブリッドIT、モバイルデバイス、およびモノのインターネット(IoT)によって再定義されている企業ネットワークを保護するという課題に取り組んでいます。

vADC

Pulseクライアントは技術者に簡単で、安全なネットワークやリソースへのアクセスを提供し、問題解決を加速します。PulseクライアントはVPN経由での安全なリモート接続、またはWiFi経由での安全なローカル接続のための単一で、直観的な方法をユーザーに提供します。ユーザーに非表示なのは、IF-MAPS経由での工場ファイアウォールへのリモートユーザーセッションのダイナミックプロビジョニングなどの、スムースなアクセスを可能にする複数の機能で、追加のログインプロンプトを削減します。

EMA レポートと決定ガイド

EMA リサーチの上位 3 レポートと決定ガイド

 

推奨事項
フレームワーク

企業のIoTを保護するための推奨フレームワーク

進化する脅威
環境

企業の変化する環境の保護 – IoTとその先へ

icon
icon

「当社は、24時間体制で世界中のパートナーと協力していますが、ITシステムは非常に信頼性が高く、必要に応じて拡張できる必要があります。自社内で多くのアプリケーションを開発しており、それらをMicrosoft Azureに移行しました。セキュリティ、信頼性、新しいインフラストラクチャを迅速に導入できるという点で多くの利点がありました。しかし、自動化をさらに進めてアプリケーション配信を最適化するには、より強力なアプリケーションデリバリーコントローラーが必要であると認識しました。Pulse Secure vADCを活用して、既にオンプレミスでの成功経験があったため、それは自然な選択でした。」

ITオペレーション部長、Mark Studer
Healthwise

「現在当社ではPulse Secureを使用していますが、非常に満足しています。クライアントをウェブからダウンロードするだけで、簡単でセキュアな接続を確保できるからです。Pulse Cloud Secureのクラウドアプリやサービスへのセキュアアクセスとシングルサインオン機能を使用することで、リコーが「働き方改革」の一部としてMicrosoft Office 365のグループ全体の移行を提供する際にも役立ちました。Pulse Secureを使用して、リコーは、従業員が様々な種類のデバイスを使用してどこからでもITリソースにアクセスできる安全な環境を作りました。」

セキュリティオペレーション部門、和久利 智丈
リコーグループ

Login On Screen

Pulseはクラウドに真のセキュリティを提供します

  • Cloud Secure は、デバイスのコンプライアンスとユーザー ID などに対する既存のデータセンターのセキュリティ対策ををクラウドに適用することで、SaaS の導入を簡素化します。Pulse Secureのホストチェック機能を使用して、Cloud Secureはラップトップ、iOS、Android端末のコンプライアンスを検証して信頼できる端末だけが企業情報にアクセスできるようにします。Cloud Secureはコンプライアンス遵守のために主なEMMソリューションと統合し、BYODコンテナのセキュリティにPulse Workspaceを使用することができます。
  • Cloud Secureは非管理ドサービスのSaaSへのアクセスを防ぐことで、企業データの漏洩を無くします。
  • Cloud Secureは、データセンターアプリケーションやクラウドサービスへの任意の端末からのパスワード無の安全なサインオンを提供し、従業員の生産性を高めます。