Pulse Secure
認定テクニカルエキスパート – PPS

Pulse Policy Secure (PPS):
導入、実装と構築

認定内容

本コースを受講すると、技術的専門性と、専門的な技術的スキルが認定されます。  Pulse Policy Secure (PPS)の管理と構築の専門的な知識の習得により、所属企業に多大な貢献ができます。  認定テクニカルエキスパートとしてキャリアップが可能です。


対象受講者

  • ネットワークエンジニア
  • エンタープライズシステムアーキテクト
  • テクニカルサポートエンジニア
  • 実装されるコンサルタント

前提条件

  • 管理ガイド
  • インストラクターによるトレーニング (3 日間): Pulse Policy Secure (PPS): 導入、実装と構築

学習する項目:

  • Pulse Policy Secure
  • 初期設定
  • アクセス管理のフレームワーク
  • ユーザーの役割
  • クライアントのアクセス方法
  • Profiler
  • Firewall Enforcement
  • Layer 2 Enforcement
  • エンドポイントセキュリティ
  • 認証オプション
  • 管理とトラブルシューティング
  • 高可用性
  • 仮想化
  • Pulse Policy Secure への統合

証明書の詳細

推奨事項

ハンズオンでの実装体験

形式

100 問の複数選択問題
90 分間
合格スコア: 75%

認定料:

米ドル $299

配信オプション

Kryterion Testing Center
オンライン認定

前提条件

なし

言語

英語

認定の準備はできましたか?

  • インストラクターによるトレーニング後、PPS: 導入、実装と構築の認定試験を受験する準備ができます。
  • 試験に申し込むには、[今すぐ登録] をクリックします。
  • Webassessor に移動しますので、認定試験用の安全な試験用アカウントを作成してください。